Creative Connect 2016にてクラフトビールテイスティングイベントを開催!


“人選びの基準は、「専門性+バランス感覚」です。高い専門性だけでなく、協調性と柔軟性を持ち併せ、異なる文化を受け入れ、生かそうとする姿勢の持ち主たちを集めました。新しい価値は、そのような人々から生まれると信じています。”

 

イベント主催者の中村洋太くんの言葉です。

先日大学時代からの友人中村洋太くんが主催するイベント、Creative Connect 2016に参加してきました。

写真は全てプロカメラマンの阿部さんが撮影してくださいました。

 

%e5%85%a8%e4%bd%93

会場はラ・フェンテ代官山のスタジオにて。とってもオシャレで、快適な空間でした。

 

%e4%b8%ad%e6%9d%91%e6%b4%8b%e5%a4%aa%e3%81%a8

主催者の中村洋太くんとのツーショット

 

彼は普段海外旅行添乗員として働く傍ら、Mycolumnistという個人メディアを運営し、各方面のスペシャリストの方々にインタビューを行っています。

 

その彼がこれまでインタビューしてきたユニークな人材を一同に集め、分野を超えて人と人をつなげる会を開催しました。

 

その参加者はボクシング世界チャンピオン、プロカメラマン、プロインタビュアー、日本一の和菓子職人、元NFLチアリーダー、など錚々たるメンバー。

 

%e9%bd%8b%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8

ドリンクスタイリストの斎藤久平さんとのツーショット。ウェルカムカクテルを振舞ってくださいました。

 

%e5%b0%8f%e5%a0%80%e3%81%95%e3%82%93

元ラクロス日本代表で、遠州流茶道 宗家小堀優子さん。特別に目の前でお茶を立てて下さいました。

 

%e4%b8%89%e5%a0%80%e3%81%95%e3%82%93

日本一の和菓子職人 三堀純一さん。目の前での和菓子パフォーマンスは圧巻でした。

 

参加者の方々はそれぞれ個性的で、卓越した専門性を持つ方ばかり。

 

「そんな一流の方々にぜひクラフトビールの面白さを知ってもらいたい!」

 

その想いを実現すべく、イベント開始の2週間前から準備を進めていました。

中村洋太くんのサポートもあり、当日無事にクラフトビールのテイスティングイベントを行うことができました。

 

%e7%94%b0%e4%b8%ad%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8

クックパッドで海外新規事業を担当されている田中さんがお手伝いして下さいました。とてもステキな方でした。

 

「より多くの方に、気軽に様々なクラフトビールを楽しんでもらいたい」

 

ということで、厳選した10種類のビールを150ml 200円~という破格の値段で提供しました。

ビールの調達は先日ご紹介したびあマBASEさんにて。

 

%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%aa%ac%e6%98%8e%ef%bc%92

ハロウィン用に用意したCascadeのPampkinsmash2014の説明中。

 

 

14886092_896868703777943_1985030034_n

TABILABOの加藤さんとツーショット。旅とビールで今後一緒に何かやれたらいいなあ。

 

 

%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%aa%ac%e6%98%8e

当日のビールリスト(%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-4)をもとに、それぞれのビールを説明中。※ビール純粋令が1500年と書いてますが、正しくは500年です。

 

「同じIPAでもこんなに味が違うんですね!」

「あんなに酸っぱいビールを飲んだのは初めてです!衝撃的でした!」

「ビールの味の幅広さに驚きました!」

 

今まであまりクラフトビールに親しんだことがなかった方々から、こういった声をいただけたのは非常に嬉し

かったですし、大きな気付きとなりました。

 

************************************************

・モルティーより、ホッピー

→圧倒的にIPAが人気でした。ブラウンエールやスタウトはあまり飲んでもらえず。参加者の年齢層、性別、属性などをに合ったビールの種類を用意すべきでした。

・説明文は簡潔に、イメージしやすく

→00ホップを使い~や、OO製法を使いといった、ビールマニア向けの説明は一切不要。どんな味か、どんな香りか端的に、シンプルに伝える必要があると感じました。

・スタイル数は絞って、各スタイルの中で飲み比べできるように

→IPAは3種類準備しただけあって、飲み比べをしてくださる方がたくさんいらっしゃいました。今回はスタイルの幅が広すぎたので、次回はもう少し絞って行いたいと思います。

・ディスプレイ用のビールを用意する

→全てのビールを冷蔵状態で提供したため、参加者の方がボトルを見ながら選ぶことができませんでした。目でも楽しみながら選べる仕掛けが必要だなーと感じました。

・これまでビールをあまり飲んだことがない人へのアプローチをもっと丁寧に

→感覚値として実際イベントでテイスティングしてくださった方は、全体の20%といった感じでした。またその方々のリピート率は80%くらいと非常に高かったです。つまり残りの80%の方々にどうやって実際に飲んでもらうかというところに、今後フォーカスすべきだと感じました。

************************************************

 

など、様々な気付きを得ることができました。

 

またイベント全体を通してジャンルを越えた様々な分野のスペシャリストの方々とお話することができ、自分の思考の幅がとても広がりました。

特に最近はビールのことばかり考えてしまっていたので、自分の専門性を高めつつも常にアンテナを張り、分野横断的な視点を養っていかなければいけないと感じました。

今回のイベントで多くの気付きや刺激を得たので、このエネルギーをこれからの仕事にぶつけていきたいと思います。

 

主催の中村くん、参加者の皆様に感謝です。

いつかこのメンバーで会社を作ったら相当面白いことができるんじゃないかな。

 

  %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93